赤崎暁の高校・大学はどこ?経歴やプロフィール【パリオリンピック内定】

akasakiakira-eye

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは!パリオリンピックまであと少しですね。

今日は昨年の福岡国際マラソン、その後に行なわれたMGCで2024年のパリオリンピックの切符を見事つかみ取った赤崎暁(あかさき あきら)選手についてお話します。

同じマラソン代表に内定している大迫傑選手と比べ、赤崎暁選手はこれまであまり目立った活躍を見せなかったので彼のことをよく知らない方も多いのではないでしょうか。

ねこさん

赤崎暁選手ってパリオリンピック内定のレースで初めて知ったけど、どこの高校・大学の出身なんだろう。

ねこさん

赤崎暁選手イケメンでかっこいい!詳しいプロフィールが知りたい!

こんな疑問にお答えするため、今日は以下について調べてみました。

この記事で分かること
  • 赤崎暁が所属していた高校・大学
  • 赤崎暁のプロフィール
  • 赤崎暁の性格

赤崎暁選手について高校・大学やプロフィールなどを詳しく知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

赤崎暁の高校・大学と在学時代のエピソード

画像:読売新聞オンライン

赤崎暁選手が通っていた高校は熊本県の私立開新高校、大学は拓殖大学です。
ここでは、赤崎暁選手の高校・大学在学時代のエピソードをご紹介します。

高校在学時代のエピソード

赤崎選手は、地元熊本県の陸上の名門である開新高校に通っていました。

しかし高校時代は故障で練習を継続できず、高校陸上界では無名の存在。
そのため高校卒業後は大学に進まず、地元の製パン会社に就職しようとしていたのだとか。

ねこさん

なぜパンの会社かというと、赤崎選手はパン好きだったからなんだって!

赤崎選手に転機が訪れたのは、高校3年生の時。
赤崎暁選手の競技成績が上向き、当時の拓殖大学陸上部の監督で同じ熊本県出身の岡田正裕さんに声を掛けられたことで、拓殖大学に進学することを決意しました。

一時は競技を辞めようと思っていたところから、大学進学に方向転換したのは監督の力が大きかったんですね!

大学在学時代のエピソード

拓殖大学陸上部に進学した赤崎選手は、大学時代に眠っていた力が開花し始めました。

出雲駅伝では2年連続出場し、4年生の時には1区を任され区間3位の力走でチームに弾みをつけると、全日本大学駅伝でも3区で区間3位の成績をマーク。
着実に実力を発揮しました。

一方で箱根駅伝では4年時を除いて2桁順位と苦戦
4年時でも3区で9位と、出雲駅伝、全日本大学駅伝と比べると物足りない順位でした。

箱根ではスターになることができなかったものの、この時の悔しい経験が、後に彼がマラソン選手として花開くきっかけになったのだとか。

赤崎選手は大学4年時に当時の山下拓郎監督から、こう言われて背中を押されました。

――俺が見てきたなかで一番強い日本人選手だ。お前なら日本代表にもなれる。

引用:Number

その言葉に力をもらった赤崎暁選手は、その後におこなわれた10000mで見事に自己ベストをマーク
続いて出場した上尾シティーハーフでは、日本人学生1位を獲得。
上位2名に贈られるニューヨークシティハーフ招待を獲得と、着実に日本代表レベルの実力を身に着けていきました。

そして赤崎暁選手は九電工に入社し、3度目のチャレンジでついに五輪の切符を獲得!

高校時代は無名の選手だった赤崎選手が日本代表にまで上り詰めたことは、今高校で頑張っているけど結果が出てない子たちに勇気を与える出来事だったと思います!

赤崎暁ってどんな人?

@EKIDEN_News

赤崎暁選手の高校・大学時代のエピソードをご紹介したとこで、彼のプロフィールをご紹介します。

赤崎暁選手のプロフィール
  • 名前:赤崎暁(あかさき あきら)
  • 生年月日:1998年1月21日
  • 年齢:26歳(2024年6月現在)
  • 出身:熊本県菊池郡大津町
  • 身長:170cm
  • 体重:53kg
  • 血液型:A型
  • 趣味:買い物・美味しいものを食べに行く(特にスイーツ)
  • 所属:九電工

【経歴】

  • 中学:大津町立大津中学校
  • 高校:開新高等学校
  • 大学:拓殖大学商学部

【主な成績】

  • 2022年:福岡国際マラソン8位(日本人2位)
  • 2023年:マラソングランドチャンピオンシップ(MGC )2位
ねこさん

赤崎暁選手…爽やかなイケメンな上に甘いもの好きとか、オリンピックで活躍したら女性ファンが増えそうだなあ。

陸上を始めたきっかけ

赤崎暁選手が陸上を始めたきっかけは父親が陸上競技をやっていたからだと、九電工の選手紹介に書かれています。

とはいえ、最初から陸上をやろうと思ったわけではありません。
赤崎選手は中学時代、バレーボール部に所属をしていました。

ただ、赤崎選手は中学当時150cmないほど小柄だったこともあり、バレーボールでは上に行けないと感じ陸上の道に進むことを決意したのだとか。

赤崎選手が本格的に陸上を始めたのは、高校1年生の時です。
当初は練習がきつく大変だと感じていた赤崎選手ですが、練習を重ねるうちに人間的にも成長、縁があり高校卒業後も陸上を続けることを決意。

大学進学後は駅伝で活躍し、2023年のMGCで2位入賞を果たしました。

オリンピック内定

2023年10月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC )で40キロすぎに2位集団からスパートし、2位でパリオリンピックマラソン日本代表の切符を手にしました。

マラソン界の新星として、赤崎選手の今後の活躍が期待されています。

赤崎暁の性格は?

akasakiakira-seikaku

画像:Number

爽やかなイケメンでありながら、競技に対しては非常に真摯な印象を持つ赤崎暁選手。
彼の性格の特徴を挙げると、以下の3つに分けられます。

  • 努力家
  • 明るい性格
  • 負けず嫌い

それでは、彼の性格をもっと掘り下げてみましょう。

努力家

赤崎選手は非常に努力家として知られています。

大学進学当時は無名だった赤崎選手は大学時代、ストイックに基礎から力を磨き、常に自己ベスト更新を目指していました。
その努力が実を結び、2023年のMGCで2位入賞という快挙を成し遂げました。

明るい性格

赤崎選手は明るく前向きな性格で、周囲の人から慕われています。
チームメイトやファンとのコミュニケーションを大切にし、常に笑顔を絶やしません。

その明るい性格が、チームの士気を高め、周囲の人々を元気づけています。

負けず嫌い

赤崎選手は高校時代の恩師によると、勝ち気で負けず嫌いな性格です。
常に目標を高く掲げ努力を惜しまない姿勢は、多くの人の尊敬を集めています。

ねこさん

マラソンは粘り強さが求められる競技だから、負けたくない思いが人一倍強い負けず嫌いな赤崎暁選手には、天職かもしれないね。

まとめ

今日は赤崎暁選手について、高校・大学時代のエピソードや性格などをご紹介しました。

この記事のポイント
  • 赤崎暁選手は熊本県立開新高校、拓殖大学出身
  • 高校時代は無名だったが大学、実業団で実力を伸ばした
  • 2023年のMGCで2位に入りパリオリンピック内定
  • 赤崎暁選手は努力家で明るく前向きな性格

高校時代の成績は無名で、一度は陸上の道をあきらめかけた赤崎暁選手。
彼が今こうしてパリオリンピックという大舞台に立てるまでになったのは、本人の努力と恩師のサポートの2つがあったからこそに他なりません。

2024年のパリオリンピックでは彼のこれまでの努力と今後の挑戦を見守り、応援していこうと思います!

\パリオリンピックの選手に興味がある方は、こちらの記事もおすすめです/

akasakiakira-eye

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは、お茶ネコです。

東京都内在住。
夫と子供2人(高校生と中学生)と暮らしている40代ワーママです。

・世の中の気になるニュース
・中高生の教育・子育てに関すること
・毎日の生活に役立つ情報

上記を中心にお届けしていきます。