強風でも折れない傘のさし方は?風が強くても壊れないたった3つの方法

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

先日はすごい雨風でしたね。
強風にあおられて、危うく傘が折れるところでした。
私って風が強い中傘をさすのはどうも苦手なんですよね(-_-;)
こういう天気の日は、リモートワークにできたらいいのにと思う今日この頃です。

さて、皆さんの中にも、私と同じように

「風が強い日に傘をさすと折れてしまう」
「台風の時は怖くて外出したくない」

と、風が強い日に傘をさすのが苦手で外出したくない、という方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今日は、風が強くても傘が折れない方法や、強風に強い傘などをご紹介していこうと思います。

この記事でわかること

  • 強風で傘が折れる原因
  • 強風でも傘が折れない方法
  • 強風に強い女性向けおすすめ傘

強風で傘が折れるのには原因があった!

傘が折れる理由

「風が強い時に傘をさすと、周りは大丈夫なのになぜか自分だけ傘が折れてしまう」
という経験をしたことありませんか?

自分以外の人の傘は無事なのに自分だけ壊れたりすると、注目されることもあったりとなんだかとても恥ずかしい気分になります。
周りの人と同じ風を受けているはずなのに自分だけ傘が折れてしまう理由、実はそれは傘のさし方が間違っている場合がほとんどなのです。

間違った傘の持ち方チェック

  • 風向きと傘を平行に持っていない
  • 傘を持つ手に力が入っている

    上記に心当たりのある人は、正しい傘のさし方を身に着ければ折れないコツを掴むことができるかもしれません。
    どういうことなのか、具体的に解説します。

    風向きと傘を平行に持っていない

    普段皆さんはどういう風に傘を持っていますか?

    恐らくまっすぐ上に向けてさしている人が多いのではないでしょうか。
    でも風が強い日にこういう持ち方をしていると、あっという間に傘が折れてしまいます。

    また、これはもしかしたら私だけかもしれませんが、強い風の日に風と同じ向きに傘を向けていると折れる気がして、風向きと逆に持っていたりしませんか?
    これも実は傘が折れてしまう原因になるのです。

    風の強い日に傘を折れないようにするには、風向きに逆らわず平行に持つことがとても重要です。

    傘を持つ手に力が入っている

    風が強い日に傘をさしている時、風で傘が折れないように強く握りしめていませんか?
    実は傘が折れやすいのは、こうした強い力が加わった時なのだとか!

    傘を折らないためには、風向きに傘を向けて力に抵抗せずさすことが大切なんですよ!

    強風でも傘が折れないたった3つの方法とは?さし方のコツは「風向き」と「脱力」

     

    kasa_sashikata_kotsu

    では具体的にどうやって傘をさせば傘が折れにくくなるのでしょうか。
    ここでは強風でも傘が折れない三つの方法をご紹介します。

    強風でも傘が折れない方法① 風が吹く方向に傘を向ける

    強い風でも傘が折れないようにするためには、まず風が吹いてくる方向に対して傘を向けることが大切です。

    傘というのは設計上、上からの力には強くなっています。
    逆に下からの力には非常に弱いため、傘の上側に風が当たるようさすようにしましょう。

    ねこさん
    今まで風向きに逆らわないようにと同じ方向に向けていたけど、逆効果だったんだ!

    強風でも傘が折れない方法② 手に力を入れない

    私と同じように傘をよく壊してしまうという人は身に覚えがあると思いますが、風が強い時ってつい手に力が入ってしまいますよね。

    でも、風をしっかり傘の部分で受けていれば、本来余計な力は不要なんですよ!
    力を込めてしまうと逆に傘に負担がかかってしまうので、傘を持つ時は支える程度の力で持つように意識しましょう。

    強風でも傘が折れない方法③ 風向きの変化に逆らわない

    強風の時って、急に風の向きが変わることってよくありますよね。
    傘が折れてしまうのは、この急な風向きの変化の時が特に多いのだとか。

    そこで、風向きが変わった時は慌てず風が吹く方向へ傘を向けるようにしましょう。
    急な風向きの変化で傘部分がひっくり返ったりすることもあるかと思います。
    その場合、慌てて手で直そうとする人も多いとおもいますが、手で直さずに風で自然に戻るのを待つようにしましょう。

    雨風が強い時に外に出るのが心配な方に!強風に強い女性におすすめの傘3選

    強い風でも傘が折れない方法について解説してきましたが、台風など風が強すぎる場合は正しく傘をさしていても折れてしまう場合があります。

    そこでここでは、強風でも折れにくい女性におすすめの傘をご紹介します。

    D.IIZOO長傘¥2,980

    レディース傘1

    シンプルな無地の耐風長傘です。
    グラスファイバー傘を使用し耐風構造で、強風に強いのが特徴。
    サイズは全長88㎝と大き目なので、荷物も濡れにくくておすすめ。
    撥水加工・防水傘カバー付きで汚れにくいです。

    カラーはライトグリーンやパープルなど、全10種類の中から選べます。

    \Amazonで購入/

     

    Ms shop 耐風傘¥3,850


    控えめなレース柄がキュートな耐風長傘です。
    可愛いだけでなく軽くて丈夫なグラスファイバー骨使用&、Z型ダボで強風でも傘がひっくり返りにくいのが特徴。

    ワンタッチ型のジャンプ傘なので、忙しい通勤・通学中にもおすすめです。
    カラーは全7種類。
    なんと無料の修理サービス付きで、万が一壊れても安心です。

    DEAR COLOGNE 晴雨兼用耐風傘¥2,680


    晴雨兼用で日傘としても使える、便利な耐風長傘です。
    UVカット率93%なので、紫外線が強く急なゲリラ豪雨のある夏にも対応しやすくおすすめ。

    強風に強い16本骨&グラスファイバー骨なので、軽くて持ち運びやすいのが特徴です。
    撥水度5級の超撥水生地を使用。
    カラーは全部で8種類。
    シンプルだけど上品なデザインが大人女性におすすめです。

    正しい傘のさし方が分かれば雨風が強い日の外出も怖くない♪

    今日は強風でも傘が折れない方法についてお話しました。
    雨風が強い日は傘が折れないか気になって外出するのが怖いという方は、下記の方法をぜひ実践してみてください。

    傘が折れない方法

    • 風の向きと並行に傘を持つ
    • 手に力を入れない
    • 風向きの変化に逆らわない

      正しい傘のさし方さえ実践できれば、きっと風が強い日も楽しく外出することができるようになりますよ(*^^*)

      この記事が気に入ったら
      フォローしてね!

      よかったらシェアしてね!
      • URLをコピーしました!
      • URLをコピーしました!

      この記事を書いた人

      こんにちは、お茶ネコです。

      東京都内在住。
      夫と子供2人(高校生と中学生)と暮らしている40代ワーママです。

      ・世の中の気になるニュース
      ・中高生の教育・子育てに関すること
      ・毎日の生活に役立つ情報

      上記を中心にお届けしていきます。